当事務所の弁護士の山村真登が京都外国語大学国際貢献学部のコミュニティエンゲージメントプログラムにて,学生・留学生を対象に「Japanese Legal System and SDGs」と題して授業(英語)を行ったことに関し,大学の学生新聞の取材を受けました。